ホーム > 目黒佳菜の啓明舎日記 > ~それ以外は一旦忘れよう~

ここから本文です。

~それ以外は一旦忘れよう~

こんにちは。啓明舎の目黒と申します。

先月から「目黒佳菜の啓明舎日記」をオープンしました。啓明舎の“いろいろ”をお伝えしていきます。

さぁいよいよ夏期講習が始まりましたね。毎年、夏期講習が始まる一か月ほど前から啓明舎はザワザワしてくるんですよ。


・男性教師が多い啓明舎を、少しでも「爽やかなsummer空間」にするために(怒られてしまいそう…笑)みんなで夏の掲示を飾ったり…

・暑(熱)くて長い夏に向けて、体力づくりを始める教師がいたり…

・「教師のことをよりよく知ってもらいたい!」という思いのもと、各教師の「夏のベスト3」を聞きまわってFacebookにアップしたり…(これは宣伝です笑。ぜひFacebookをご覧ください。)


そして何よりも力が入るのは、やはり「より良い授業」のために文系・理系に分かれて打ち合わせをしていくことですかね。どういった教え方をするとよりわかりやすいのか、どういった「ネタ」を持ってくるとより印象に残るのか、教師間で情報共有をしていきます。
「夏休み、生徒を鍛え上げていくぞ!」「忘れられない夏にしよう。しっかりついてこいよ!」など熱い思いを胸に、それぞれの教師が夏期講習に向けて準備を進めているのです。


さて、教師が熱い気持ちで準備を進める中、生徒の皆さんにお願いしたいのは「夏期講習に集中しよう」です。

ここだけを見ると当たり前のことを言っているように見えますが、実はこれには「サブタイトル」があるのです。


それは「夏期講習に集中しよう~それ以外は一旦忘れよう~」


よく保護者の方から「夏の間に、一学期のテキストの出来なかった部分をノートにまとめて、順番に解いていくべきか?」というご質問をいただきます。もちろん生徒が自ら進んでこのようなことを始めたのなら止める必要はありません。しかし、そんなことを自発的に始める小学生はなかなかいないのではないでしょうか。

人間の脳は収納ケースだとお考えいただくとわかりやすいかもしれません。多くのものを詰め込めば、それらはケースから溢れますし、またごちゃごちゃにもなります。子どもの頃は、知的な刺激を与えることで「収容量」も少しずつ大きくなりますが、少なくとも夏の1か月半で急に箱が大きくなることはないのです。

それであれば「あれもこれも」と焦ることはせず、「国語・算数・理科・社会の夏期講習のテキストとしっかり向き合うこと」に集中して欲しいのです。


・予習はきっちりできたか?すべて解いて、正解を導き出さなくてもいいですよ。「わかる」「わからない」を明確にしてから啓明舎に来ると、授業が何倍も有意義な時間になります。

・授業に集中できたか?「あ~暑いな~やる気でないかも~家に帰ってパパに教えてもらえばいいや~」ではダメですよ。授業に集中して、考え方や解き方のコツを吸収してください。

・宿題はできたか?その日授業で学んだことを、宿題を進めながら復習することで定着率が高まります。


このように、あれもこれもと手を出すことはせず、夏期講習に集中をして、目の前のやるべきことにしっかりと取り組んでくださいね。

そしてやるべきことを終えた後は自分へのご褒美を楽しんで欲しいです。

夏の終わり、皆さんが自分の夏期テキストを見て、良い意味で「汚いな~使い込んだな~」と思えるよう、啓明舎教師一同サポートしていきます。


そうそう「~それ以外は一旦忘れよう~」とお伝えしましたが、もちろん学校の宿題はしっかり終わらせてくださいね!
夏休み最終日に苦労しないよう、計画的にですよ♫