ここから本文です。

野口 隆

野口 隆 (のぐち たかし)

圧倒的なパワフル授業と屈託のない笑顔で子どもたちをひきつけるベテラン教師。

座右の銘

明日死ぬつもりで生きろ。永遠に生きるつもりで学べ。

 趣味

乗り物好きなので、旅に出るのが最大の楽しみかな。

 学生時代夢中になったこと

ひたすら本ばかり読んでいました。それが私の根っこ。

 自分を動物にたとえると?

むかし流行った「動物占い」では狼でした。

啓明舎っ子たちに一言!

夢は笑ってかなえるもんさ、涙なんて心にかくそう。

野口ヘッダー

野口 隆野口 隆からのメッセージ

「過去の自分にもどるなら何歳のときがいい?」なんていう質問があります。私の答えは「小学6年生」です。塾に通い、受験勉強に追われていたあの頃が私にとっては楽しい思い出なのです。なんて言うと「勉強が得意だったからじゃないの?」と思われるかもしれません。苦手科目はあったし、第一志望校には受からなかったし、客観的に見てそんな幸せな受験生ではなかったはずです。
でも、楽しかった。その楽しさの素を言葉にすれば「目標に向かって一つのことに打ち込むこと」「同じ目標を持つ仲間たちと切磋琢磨すること」とかいくらでも出てきます。それは逆に言えば「言葉では言い尽くせない」ということです。そんな言葉には言い尽くせない喜び、幸せを一人でも多くの子どもたちに味わってほしい。こんなことを考えながら私は授業に臨んでいます。

野口 隆の宝物

子どもの頃、私にはささやかな夢がありました。それは「読みたい本はすべて買えるようになりたい」ということです。あの頃、読みたい本が山ほどありました。でも、買うことはできないので、図書館に足しげく通ったものです。そんな私でも廉価な文庫本は買うことができました。記憶に残る最初の文庫は星新一さんの作品です。それ以来、私のカバンの中には常に文庫本が入っています。大人になり、かつての夢はかないましたが、今度は読むための時間が足りません。みなさん、今のうちにたくさん本を読んでおきましょう。

野口 隆の休日

最優先事項は浦和レッズの応援です。埼玉スタジアムでのホームゲームは当然として(年間チケット持ってます)、アウェイゲームも時間(とお金)が許せば行きます。北は仙台から、西は広島まで行きました。それ以外だと、野球・ライブ・芝居・寄席・映画にも行きます。家でじっとしているのがきらいなので、楽しそうな「現場」があれば、近場に限らず遠方でも、足繁くでかけております(電車や飛行機も好きなので)。

野口 隆の授業
『昭和時代(2)~日本国憲法の制定~小6生・4月履修予定